「ブログで稼いだ!」話を鵜呑みにする人は都合のいい読者

ブログ運営
この記事は約5分で読めます。

ブログでお金を稼ぎたいという人は多い。

ブログといえども物書きの仕事であり、収入や将来性は不安定ではあるが自分の書いた文章が多くの人に読まれる事で、自己顕示欲を満たしたり快楽を覚える事は想像に難くない。

ブログで生計を立てる人、つまり「ブロガー」は漫画家やイラストレーター、スポーツ選手、youtuber、芸能人同様に、憧れの職業の一つとして見られていよう。

そんな憧れに強い職で茨の道を歩むブロガーだからこそ、自分がいくら稼いだかという事と記事にするブロガーは多い。

今回はそれについて述べていきたい。

 

 

「ブログの収入=広告」だけではないのね

まず、ブログで稼ぐという事について解説していきたい。

ぱっと思いついくところで、ブロガーの主たる収益が広告、アフィリエイト収入であろう。

閲覧数が増えれば、広告が目に触れたり実際にその広告先のページを閲覧し商品を購入する人も(確率は低いが)増えるので、収入も右肩上がりに増える。一概に言えないが、個人ブログで月間100万PVであれば軽く10、20万円、多ければ40万円を超えることもある。

閲覧数が増えれば収入が増えるので、何としてでも閲覧数を増やしたければSNSを利用しない手はない。この際は読者の質は構わない。炎上しそうな不謹慎ネタや、嘘くさい感動話、対立を煽るような内容であっても拡散されれば間違いなくPVは増える。

ブロガーに憧れる純粋すぎるお人好しでもいい。私みたいにひねくれて注意深く見る人でもいい。とにかくfacebookでシェアされ、twitterでつぶやかれ、はてなでブックマークされ、その記事の多くの人の目に触れ閲覧数が増えればブロガーにとってこれほど好都合なことはない。

 

まぁ、こういう事をせずに、検索数の増加や地道な更新で増やしてある程度安定すれば、大体自分のブログの閲覧数はここまでが限界だな…という点が見えてくる。

閲覧数が増えないとわかった以上、広告収入が一気に増える期待はできないので、更に収益を増やしたければ次の手を打たなければならない。

要は、今あるブログを使って例えメルマガやセミナー、コンサルティング、物販、他所への寄稿や本を出す…という事業を始める必要性があるのだ。

 

 

ブログで稼いだ金額は盛っていることもあるのね

ちょっと話は戻るが、いくら稼いだという内容の記事でも、その稼いだ金額によっては拡散されやすさが異なる。

たかだか数百円、数千円稼いだのなら、わざわざ拡散されるほどの意外性はない。しかし、これが数百万円、数千万円ともなると一気に拡散されやすくなる。金額が増えれば増えるほど拡散はされやすい。

そして更に拡散されやすいのが、PVは少ないのに効率的に稼いだという記事だ。

一例は「1PV=1円」。数種類ほどブログを運営しているのでわかるのだが、アフィリエイトや広告収入だけではまずこの金額に達する事は難しい。よほど高単価な広告でも掲載しない限りは不可能。PVがかなり少なければ可能ではあるが、月間10万、100万PVともなると、この数字を叩き出すほぼ不可能。

 

まぁ、稼いでいるブロガーがしていることよく調べれば分かることだが、そこまで収益を上げようと思うと、上に述べたように広告以外の何かで利益を上げなければならない。

例えば…

「ブログを通じて読者にコンサルティングを行い得た収入」

「ブログを通じてセミナー開催して得た収入」

「ブログを通じて出版社から本を出し売った収入」

「ブログを通じてメディアに出演、あるいは寄稿して得た収入」

などを、含めてしまえば「1PV=1円」と誇張して書く事もできる…が、見方を変えれば数字を盛っているとも読めてしまう。ブロガーの仕事をブログを書いて閲覧数を上げて、広告収入で稼ぐ事だけと考えている人であれば、まず「1PV=1円」なんていう破格の数字の真実を見抜くことはできない。

 

まぁ、ブロガーなのにそこらの新卒と変わらない湿気た給料でした、なんて記事はまず書けるわけない。書いたところでよっぽど文才か収入の話から得るヒントでもなければ拡散されることはない。

それぐらいなら、多少盛ってでもいいから多く稼いでるように数字を操作したほうが、ブロガーとしては賢い。

 

 

PVが増えたのは、ただ運が良かったという事もあるのね

また、急にPVや収益が増えたのは単なる「運がよかった」あるいは「有名ブロガーに宣伝してもらった」と言うことをブロガー自身が自覚している可能性も否定できない。

が、そのことをわざわざ記事にして読者に教えようものなら、結局ブログで稼げるのは運任せ、あるいは強力なコネが必要という、身も蓋もない夢も希望もへったくれもない事実を知って興ざめさせてしまい、読者離れにつながってしまうおそれがある。

ましてやブロガーのような自己顕示欲を満たしやすい職であれば、読者離れや自分がブログで作り上げてきたキャラを壊すことになりかねない事は避けたいと思うのが自然である。

 

 

まぁ幸いにも、そういう稼いだ系の記事拡散している人のコメントを見る限りだと、そこまで触れている人はまだまだ少ない。

未だに「ブログで稼ぐ=アフィリエイト、広告収入」と考えている人が多いということが伺え、ブロガーという職に憧れ…というか、企業勤めが嫌だからブロガーで自由時的に暮らしたいなぁ…と、夢想してそうな人のコメントが多く見られる。(まぁ、実際に気づいているが呟いていないだけの人もいるだろうけど)

 

そういう良くも考えずにブログの内容を鵜呑みにして、現実を見ずに自分にとって都合のいい言葉ばかりを信用する人が増えるほど、ブロガーにとっては都合が良い。そういうお人好しに対して、有料のメルマガを勧めたり、セミナーを誘ったりすればいい収益になる。

どこかの会場でも借りて20人限定で1人2500円のセミナー&パーティでもすれば5万円。諸々の経費を差し引いてもうまくやれば日給2万は稼げる計算だ。

もちろん、邪な考えなく純粋にブロガーという孤独な生活え故に、読者とリアルに交流したいという目的で行っているブロガーもいないわけではない…念の為補足。

 

取れるところから取っていくのは何も税金や笑点の座布団ばかりではない。

ブログの読者の財布からも取っていこうと思えばできるのである…と書くと、一昔前に「秒速で1億稼ぐ」というフレーズで一瞬だけ有名になった与沢翼はじめ、ネオヒルズ族を思い出したのは私だけだろうか…。

ブログも一つの情報商材として見れないことがないので、どうしてもそう考えてしまう。