2015-10

仕事・ビジネス

ボランティアだのみの商店街のイベントは無くなってしまえばいい

今や痴呆…じゃなくて地方の再生で必ずターゲットとなる商店街。私がまだそれなりに意識が高かった学生時代に地域活性化のためとして、商店街が行ったイベントにスタッフとして関わったことがある。ただし、スタッフといってもお給料は無い…つまりボランティ...
日常・雑記

厚切りジェイソン氏の正論芸がウケない方が幸せな世の中

今年テレビやネットで有名になった芸能人を一人選ぶとしたら、私は「厚切りジェイソン」氏を選ぶ。アメリカ生まれでIT企業の役員を務めつつも、お笑い芸人として日本人自身が薄々勘感じているであろうおかしな習慣や文化について、オーバーなツッコミを入れ...
メンタル・心理

明らかに自分以下の存在がいると安心する

意識高くあろうととする人には嫌われるのは承知だが、勉強にしろ仕事にしろ自分より明らかに格下の存在がいるという事で、安心感を覚える事は少なくない。自分だってそうだ…すごく安心感を覚える。 しかし、そこで格下ただからといって差別をしたり理...
日常・雑記

ハロウィンを何も考えずに素直に楽しめれば人生楽しそうだ

先日ハロウィンの推定市場規模1100億円になるといういうニュースを見かけた。ハロウィンといえば否応なくお菓子を渡すか、そうでなければ悪戯をされるかという大人側からすればどっちに転んでも地味に嫌なイベントであると私は思うが、そのハロウィンもこ...
人間関係・コミュニケーション

「すごい」「やばい」っていう感想はあまり心に響かないと思うのだが

私が物を作る仕事をしているせいか、出来上がった作品を見て「すごい」「やばい」という人を今まで幾度となく見てきた。しかし、「すごい」「やばい」以外の言葉で私の作品への感想をいただける方は滅多にいない。いたとしても、それは同業者や作品作りに詳し...
仕事・ビジネス

SNSで見る内定式への熱意は果たしていつまで続くのだろうか…

本日10月1日は内定式の企業が多い。twitterを見ても内定式に関する夢や希望、期待や熱意に溢れるつぶやきから、これから内定式を迎える学生への激励や皮肉を込めたつぶやきまで、ありとあらゆるつぶやきを目にする… そんな熱意あふれる人た...