人間関係・コミュニケーション

人間関係・コミュニケーション

「本質」が口癖の人に要注意すべき理由を説明する

近頃「本質的には~」「本質を見るべき~」「それは本質ではない」というように「本質」という単語を、リアルでもネットでも見聞きする機会が増えたように感じる。 なお、この記事でいう「本質」とは、物事の根幹や真理というような辞書的な意味から、...
人間関係・コミュニケーション

「他人から嫌われてもいい」を実践する時に気をつけるべき事を解説する

書籍「嫌われる勇気」が大ヒットしてからか、「嫌われてもいいよ」とか「自分が関わる人間関係は、自分で決めてもいい」というような、「人間関係を自分の思い通りに取捨選択すること=意識が高い」という考えが定着しているように感じる気がする。 か...
人間関係・コミュニケーション

他人から理解されないと嘆く人に足りていないものの考察

かつて(いわゆる)性格に強い癖がある人達と関わっていた頃の話だが、彼らはよく他人から理解されないことを嘆いていた。 もちろん、他人から理解されないことは辛いことだ。しかし、一方では「他人に理解されるだけの努力が足りていないのでは?」と...
人間関係・コミュニケーション

頑張ってる人を嫌いになる現象がなぜ起きるのかについて解説する

育ちのいい人たちに囲まれて大人になってきた人であればあまりピンとこないと思うが、世の中には勉強やスポーツ、仕事や趣味など、何かに必死に打ち込んで頑張っている人を見ると、つい嫌悪感を持ってしまう人がいるものだ。 もちろん、真面目に頑張っ...
人間関係・コミュニケーション

コミュ障の人が喋るときにぺちゃくちゃ音がする理由についての考察

いわゆるコミュニケーションが苦手なコミュ障な人と関わったり、コミュ障を名乗っているyoutuberの動画を見聞きしていると、何か食べながら話しているかのようにくちゃくちゃ、あるいはもごもごとした音が混じっていることが目立つ。 まるでク...
人間関係・コミュニケーション

コミュ障が治らない人にありがちな特徴について説明・解説する

コミュ障な人は決して「自分はコミュ障だから~」と開き直れる人ばかりではないし、そんな態度では生きていくのに苦労する。(特に仕事で) 大なり小なり「コミュ障を治さなきゃ」という意気込みはあるものだが、中には意気込みだけで終わってしまった...
人間関係・コミュニケーション

卑下しすぎる人が相手に失礼だと思われてしまう理由

私が一応若年層であるためか、仕事の人間関係において何かとへりくだった対応をすることが多い。しかし、その時は自分を過剰に卑下しないように気をつけている。 とくにフリーランスなのもあって、自分を過小評価しないことは、自分の技術力を安く買い...
人間関係・コミュニケーション

他人の愚痴を聞くのが好きな理由を説明しようと思う

ネット上では「愚痴を吐く人は関わるべきではない」とか「愚痴は人生に何ら価値を生み出さない」というような強気の意見が日々共感され、拡散される傾向がある。 とくに、意識高い系の人たちは「愚痴=絶対的な悪」と決めつけて、愚痴を言う人や愚痴る...
人間関係・コミュニケーション

褒め合いのマイナスの効果について解説する

職場の研修や部活やサークルのレクリエーションなどで親睦を深めるために、お互いにいいところを見つけて褒め合うというコミュニケーションを取り入れている事は多いだろう。 また、昨今の「自己肯定感」ブームもあってか、他人を褒める&他人から褒め...
人間関係・コミュニケーション

努力しないのにプライドが高い人の特徴をまとめてみた

公私関係なく、努力できないのに妙に自分は偉いんだとか、立派な地位にいるとアピールしたがる人は、私がかつて意識高い系だった時によく会ってきたし、かく言う私もこの手の人間だったという黒歴史がある。 そんな経験も踏まえて、努力しないのにプラ...
人間関係・コミュニケーション

怒らないで見捨てる人間関係が効率的な理由を解説する

優しい人ほど、人間関係の中で問題を起こしている人に対して怒らない。むしろ、簡単に見捨ててしまう…という、なんだか優しいように見えて冷たい人は、現代社会では多いと思うし、むしろそれが賢い人間関係の付き合い方だと考えている人は多いと私は感じてい...
人間関係・コミュニケーション

「怒ってくれる人は味方」と考えれば生きやすくなれる理由

この記事は前回書いた「叱ってくれる人がいない状況が招く問題について語る」の続編である。 「怒る人=味方」と考えること自体、ちょっと納得いかない人も多いと思うが、少なくとも私は「怒ってくれる人は味方である」という意見には強く同意できる部...
人間関係・コミュニケーション

叱ってくれる人がいない状況が招く問題について語る

私自身、厳しい家庭で育ったいわゆる「いいところの子」である。 子供の頃から「俺ではなく僕か私と言いなさい」と口酸っぱく言われたり、お箸の持ち方やテーブルマナーについて叩き込まされたし、中学受験のために指導が厳しいと有名な学習塾にも通っ...
人間関係・コミュニケーション

優しい人なのに壁を感じてしまう理由を解説する

急に怒ったり、不機嫌になったり、感情を顕にすることはない人。つまり、「優しい」と表現される人は仕事でもプライベートでも好まれやすいだろう。 しかし、そういう優しい人に限ってどこか冷たいというか、なんとなく心を開いていないというか、付き...
人間関係・コミュニケーション

他人に強く共感を求めてくる人に感じる違和感、モヤモヤを語る

普段の生活の中でも、当たり前のように「共感」という言葉を見聞きするようになって久しい昨今、公私関係なく何かにつけて共感を求めてくる人というのは増えていることだろう。 自分の考えだったり、趣味嗜好だったり、はたまた社会問題や政治・経済・...
人間関係・コミュニケーション

「優しい性格が長所です」な人に残念なイメージが付く理由

自己紹介や就職活動の自己PRで自分で自分を「優しい性格です」という人に対して、どことなく良い印象がないというか、そもそも印象にすら残らず数分もすればその人のことを忘れてしまう…という経験をしたことがある人は、きっと少なくないと私は思う。 ...
人間関係・コミュニケーション

他人から舐められない人になるためのコツ・技術について説明する

この記事は「なめられやすい人の優しさの問題点について説明する」の続編である。 主に、仕事の場面における舐められない人になるためのコツや技術…とくに、コミュニケーションの技術を中心に紹介していく。(もちろん、プライベートでも応用可) ...
人間関係・コミュニケーション

なめられやすい人の優しさの問題点について説明する

他人から格下の存在に見られてしまう…つまり、舐められやすい人の特徴としてよく見られるのが、真面目で誠実で優しい人であることは、多くの人が自然と想像できるものだと思う。 もちろん、他人に優しくすることは学校や職場、友達、恋人、ネット上な...
人間関係・コミュニケーション

人間不信のせいで他人に期待しない人について思うこと

過去にいじめられた経験、職場でのハラスメント被害、家庭内不和や失恋などの人間関係の衝突が原因となって人間不信になった人の中には「他人に期待しなければ、自分が傷つくことは無い」という考えを持つ人が多いと感じる。 過去に辛い経験にあったか...
人間関係・コミュニケーション

優しくするとつけあがる人への上手な対処法を語る

他人に優しくする事は、社会生活を円滑に送るためには大切なスキルであろう。 しかし、中にはその優しさや優しくする事を大事にしている人の善意を利用して、楽をしたいだとか自分だけ美味しい思いをしたいだとか、金や承認を手に入れたいだとか…など...