仕事

メンタル・心理

「生きててえらい」「働いててえらい」という考え方が嫌いな理由について語る

先行きが暗い世の中だからか、「生きててえらい」「働いててえらい」「学校行けてえらい!」というような考えやメッセージを目にする機会が増えていると思う…が、私はどうもこの手の優しい言葉が好きになれない。今回はこの理由について語ろうと思う。 ...
仕事・ビジネス

ドライな人間関係を職場で選択した結果失敗する人について語る

ワークライフバランスだとかプライベートを充実を重要視する風潮があるせいか、どうも(ブラックな意味ではなく)アットホームな職場のように人間関係を濃くすることよりは、適度にドライでビジネスライクな感じを求める人が増えているように思うし、そういう...
自己啓発・意識高い系

意識高い系が就職・転職活動で失敗しやすい理由

意識高い系(≠意識高い人、実力のある人)と呼ばれる自己評価は高いがそれに見合った実力も実績も経歴も無い人は、その性質上新卒の就職活動でも、既卒の転職活動でも、もっと言えば独立してフリーランスで働く場合でも、普通にまともに働いている人達から敬...
クリエイター関連

絵描きが精神を病みやすい理由を客層・働き方・同業者との交流の点から説明する

この記事は「絵描きのメンタルがなぜ弱いのかについての考察」の続編である。 絵描き…それも漫画やアニメ、イラスト、ゲームなどのいわゆるオタクでサブカルな絵を描くことで収入を得ている方々(=イラストレーターor絵師、場合によっては漫画家、...
人間関係・コミュニケーション

「自分をぞんざいに扱う人から離れるべき説」に反対な理由を説明する

最近の世の中の流れもあると思うが「乱暴な行動が目立つ人やハラスメントを振るう人など、自分に危害を加えてくる人、苦手だと感じる人からは速やかに離れるべきだ!」という無責任に優しい意見が、広く浸透していると思う。 しかし、私はどうもこの意...
逃げる・逃げ癖

嫌なことから逃げる大人が嫌いな理由を語る

このブログでは、何度も逃げ癖について(主に批判的な)個人的見解を述べているが、何故このように逃げ癖のある人について厳しい目を向けるのかについて語っていこうと思う。 仕事において逃げ癖のせいでひどい目あった話 まず、この話は私の仕...
仕事・ビジネス

意識高い系の人と一緒に働きたくない理由を説明する

この記事は「ビジネス系・自己啓発系youtuberのファンと関わりたくない理由を語る」の続編である。 私が普段フリーで仕事をしている上で気をつけているのは、いわゆる意識は高いが能力も実績もないスカスカの人間こと"意識高い系"と一緒に働...
仕事・ビジネス

仕事で正直すぎる人を雇うと損をする理由を語る

「正直者は仕事で損をする」という類の話であったり失敗談などは、実際に見聞きした人が多いことだろう。 一般的に良いとされている正直な性格が災いして、損な役回りを押し付けられる。待遇に到底見合わない働き方をしてしまい、正直ではない適当な人...
自己啓発・意識高い系

「焦らない方がうまくいく」で失敗してしまう理由について語る

仕事でも勉強でも「焦ってもいい結果にならないから、自分のペースでコツコツ努力しよう」という類のありがたい言葉を見聞きすることは、誰でも一度は経験していると思う。 もちろん、焦りが原因となってケアレスミスが増えてしまい、思うような結果に...
仕事・ビジネス

仕事からすぐ逃げ出してしまう人についての考察

私の経験上の話で恐縮だが、仕事から逃げる人にはある一定の共通点があるように感じる。 とくに、物心付いた頃からネットで情報を調べるのが当たり前な若者世代には、どうもネットの極端な情報を鵜呑みにしてしまった結果、仕事…ひいては働くことその...
仕事・ビジネス

「個性を強みに」「好きなことを仕事に」という言葉が好きになれない理由を語る

youtuberという働き方が世の中に認知されてきた頃から「自分の個性を活かして働こう」とか「好きなことで生きていこう」というような、ある属性の人にとっては希望を感じさせるような明るいキャッチフレーズを目にすることが多くなってきと感じている...
仕事・ビジネス

自己啓発にハマる社長の特徴について語る

10年近く前の私が意識高い系大学生だったときに、いわゆるビジネスセミナーや異業種間交流会に何度か参加してい…というかリピーターだった。そこでは、社長や役員の方々と出会うことがあった。 ただし、ここでいう社長や役員は、決して有名企業の方...
HSP

HSPにクリエイティブ職がおすすめできない理由を語る

最近はやりの繊細さん(HSP)だが、よく調べていくと「感受性の豊かさや芸術面での才能があるのでクリエイティブ職がおすすめ」というような、アフィリエイト臭のする読者に夢を見させる情報を目にすることが目立つ。 おそらく、ここで言うクリエイ...
インターネット

自称経営者系インフルエンサーへの違和感を説明する

twitterやyoutubeなど、何らかの情報を発信する場所でやたらと「経営者」であることを強調するインフルエンサーを見かけることがある。 私はこの手の経営者を自称するインフルエンサーについては、率直に言って「胡散臭いな」と感じる。...
メンヘラ

ビジネスターゲットとしてのメンヘラ層についての考察・見解

率直に述べるが、私は今いわゆる精神的に不安定な人を相手にした商売は、今後を成長する市場と見ている。なお、ここでは医療や治療といったものではなく、いわゆるメンヘラな人が好みそうな娯楽、書籍や動画などの各種商品、コンテンツ、サービスの市場を指し...
仕事・ビジネス

追い込まれないと努力できない人が社会人で苦労する理由

私の経験上の話だが「自分は追い込まれた方が頑張れるタイプだ」と言って来た人は、えてして追い込まれる状況になってもそれほど頑張れないし、むしろ余計に焦燥感が募ったせいか、勉学でも仕事でもあまり良い結果を出せないままの人が多かった。 もち...
学校・教育関連

努力を見せたくないと感じる理由と背景について語る

私自身比較的努力家な方だと自負しているが、一方で努力を人に見せびらかすような真似はまずしない。 といっても、中学受験のために学習塾に通っていた頃は、10代で始めて自分の人生を大きく左右する「受験」という一大イベントに取り組む緊張感もあ...
人間関係・コミュニケーション

「怒ってくれる人は味方」と考えれば生きやすくなれる理由

この記事は前回書いた「叱ってくれる人がいない状況が招く問題について語る」の続編である。 「怒る人=味方」と考えること自体、ちょっと納得いかない人も多いと思うが、少なくとも私は「怒ってくれる人は味方である」という意見には強く同意できる部...
インターネット

なぜビジネス系youtuberがうざい喋り方をしているのか解説する

主に自己啓発や心理学、仕事に役立ちそうな情報をエンタメチックに話すyoutuber…つまり、ビジネス系youtuberは、活きのいい意識高い系大学生のように、どことなく鼻につく何かを感じる人が多いと思う。 端的に言えば、ビジネス系yo...
仕事・ビジネス

勉強嫌いな社会人は意外と多いと感じたことについて語ろうと思う

私自身、会社勤めとフリーランスの二種類の働き方を経験し、且つ日頃の営業や意識高い系時代の中の時に参加した異業種間交流会などで多くの社会人に関わってきて感じたのが、勉強嫌いな社会人は意外と多い…というかむしろ多数派ということだ。 私自身...